毛母細胞再生にキャピキシル

毛母細胞再生にキャピキシル

毛母細胞再生にキャピキシル

今回、最高におススメの
キャピキシル配合のザスカルプ5.0c
毛母細胞再生にキャピキシル
にはキャピキシルが含まれています。

毛母細胞にも良い
キャピキシルってどんな効果があるのですか?

話題の成分キャピキシルですが、
今まで育毛剤といったら、
ミノキシジルという成分と
思う人も多いのではないでしょうか?

大手育毛剤メーカーの
商品にも含まれています。

もともとミノキシジルは血管拡張剤として
開発された成分です。

ですので副作用が問題になります。

高血圧の経口薬として用いられていた
成分ですので、降圧剤を常時服用している
方は低血圧になりすぎてしまう副作用が
あります。

後は、赤み、かゆみ、肌荒れ、性欲減衰
など副作用が問題になります。

ミノキシジルの悪い所だけピックアップ
しましたが育毛効果も実際にある訳です。

しかしながら育毛業界では、
新成分、キャピキシルの話題で持ち切りです。

POINT1
副作用がありません

そうミノキシジルでは不安があった
副作用がないのです。

老若男女、安心して使用できます。

POINT2
効果が3倍

素晴らしい育毛効果があった
ミノキシジルの育毛効果が3倍という
ことです。

おススメの、
キャピキシル配合のザスカルプ5.0c
毛母細胞再生にキャピキシル
にはキャピキシル以外に
41種類の有効成分も配合
されています。

キャピキシルとは

キャピキシルとは、もともと存在する
成分ではなく、カナダの化粧品メーカー
「LUCAS MEYER COSMETICS社」が
開発した成分で、成長因子と
植物エキスのプレミックス原料です。

アセチルテトラペプチド-3(成長因子)と
アカツメクサ花エキス(植物エキス)
という成分で構成されています。

「ピオカニンA」と
「アセチルテトラペプチド-3」の
2つの成分を合わせて出来たのが
「キャピキシル」となります。

アカツメクサ
(またの名をレッドクローバー)
と言われるマメ科のこの植物には、
有効性成分であるイソフラボン類が
豊富に含まれており、ヨーロッパでは
伝承薬として受け継がれてきた
歴史があります。

その中でも、イソフラボンの一種である
「ピオカニンA」は、男性型脱毛症の
要因となっている5αリダクターゼに対して
強い抑制効果を持つことが発見されています。

また、4種類のアミノ酸により構成される
「アセチルテトラペプチド-3」は、
細胞外マトリクスを修復する効果を持つため、
毛包構造の維持に働きかけます。

さらに、育毛効果に関しても、
育毛薬である医薬品原料を超える
効果が確認されています。

キャピキシルは脱毛を抑えつつ、
育毛環境を著しく向上させることが
可能になりました。

副作用もなく、育毛業界期待の
新成分なのです。


毛母細胞再生にキャピキシル

毛母細胞再生にキャピキシル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る