古い田舎の実家がこのようにして売却できました。

両親が亡くなって3カ月後に問題が発覚しました。

東京都内在住、IT企業で働いています。
私38歳、サラリーマン
妻、子供2人
そこそこ稼ぎはあります。

それは兄からの1本の電話ではじまりました。

兄:実家を売却しようと思っているんだけど。

私:えっそうなの。

兄:オレも家あるし家族いるし、
  住む予定もないし。固定資産など税金も掛かるし。

私:この間(葬儀の時)はあまり話せなかったけど、
  売却のあてはあるの?

兄:実はあそこの(近所)不動産にお願いしてみたんだけど、
  ・・・こんなに安いの!?って感じで。

  こんな値段で売ってよいもの?

私:ちょっと待って。

  お兄ちゃんに任せてばっかりで悪かったけど、
  実家売るなら・・・
  電話してくれてよかったよ。

  こっち(東京都)に住んでいても、
  協力できるから。

兄:やっぱりお前に相談してよかった。
  なんたってIT企業だもんな(笑)

私:ばかにしないで!(笑)
兄の気持ち
田舎の実家が売れた時に使った査定ができるHP

兄の本当の気持ち

兄も家族がおり、
息子も大学生になりアパート借りて
大学に通っているのです。

仕送りをしているので、
生活のため、お金のやり繰りは
大変なのです。

そんな状況に、

不動産屋さんから空き家の固定資産税も
あるし、3年以内に売れば法律的にも
「居住用財産の売却」とされるので、
3000万円までの譲渡所得が
非課税になるそうです。

3年を過ぎると居住用財産として
扱ってもらえず、売却時に課税されて
しまうそうです。
(例えば、売却価格が1000万円だった場合、
約200万円も税金で取られます)

兄も安くても早く売らなければと、
考えての電話だったのです。

私が兄に伝えたのは

2016-9-23-8
詳しくは、そのHPで。

不動産を一括で査定して頂けるという
サービスです。

大手不動産から地域密着の不動産屋さんに
査定して頂けるのです。

兄もビックリしていましたが、
ネットを通じ複数の不動産屋さんに
査定して頂けるのです。

もちろんお金は1円も掛かりません。

結果は・・・

最初にお願いした地元の
不動産屋さんよりも80万円
高く売ることができました

売れないと諦めかけていた
田舎の古い家でも諦めずに
頑張れば売れるんですね。

ネット査定では全国対応なので、
私の田舎でも見込み客を持っている
業者さんが見つかる可能性が
高まるのですね。

私が兄に伝えたサービスはこちらです。

2016-9-23-9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る